福ニャン日記 トルコの地震。死者4300人。

2月7日 晴れ またまた地球上で災害が起きた。トルコでM7.8という大きな地震が起きたのだ。 トルコと隣国シリア両国合わせて4300人余が死亡、1万人ともいわれる負傷者がでたというのだ。まだまだ被害が増えるのではないかと心配する。 ロシア侵攻だ…

早くも花開く。仲邑菫棋士。

囲碁界にヒロインが誕生した。仲邑棋士のお嬢さんで天才と言われて囲碁界にプロデビューした仲邑菫棋士が13歳11か月でドコモ杯女流棋聖戦を制して新女流棋聖に輝いた。囲碁界では藤沢里奈女流名人の15歳9か月の最年少記録を更新したという。 仲邑菫棋…

なぜそんなに怒るのか。中国。

米国の領土にまで侵入した気球を米国が撃ち落としたことで中国はお怒りだ。 なぜそんなに怒るのか。気象用の研究のための気球と説明したのに米国が信用しないで撃墜したことでメンツが潰されたということだろう。 だけれどもし逆だったら米国の気球が中国領…

ウクライナ国防相辞任。

ロシアのウクライナ侵攻で必死に国を守るために頑張っていると思っていた国防相が部下の汚職疑惑で辞任したという。各国が援助を惜しまず多額の援助金を出している時に何らかの事情があるのかもしれないがこのニュースはいただけない。 ウクライナの援助の気…

福ニャン日記 ポツンと1軒家

2月6日 くもり ポツンと一軒家という番組が大好きだ。はるか山の上で高齢の女性が元気に頑張ってる例が多い。いつ見ても女性の逞しさに感心する。好きなのだが10年したらこんなポツンと1軒家に住む人がいるのだろうか。戦中・戦後を生き抜いた人だから…

大相撲トーナメント。大栄翔関優勝。

力士も忙しい身だ。初場所が終わったと思ったら大相撲トーナメントなる興行がまっていた。十両は十両で力士がトーナメントで闘い十両は決勝で剣翔関を破った北の若関が優勝。幕内は豊昇龍関と大栄翔関が決勝で闘い大栄翔関が優勝した。 本場所と違い若干ケガ…

中国の気球が大事に。

中国の気球が米国の領空を彷徨った事件?。米国は撃墜してしまった。 中国は強烈に非難。さらに国防相までも報復をするようなコメントまで出した。 中国は当初民間の研究用の気球が不可抗力で米国領空まで行ってしまったと謝罪してたのではなかったか。 まず…

まだ続く「核の脅し」

ロシアの前大統領のメドベージェフ氏がまた核の脅しを。 「ウクライナがクリミアを攻撃したら核の反撃をする。」と。 プーチン大統領の脅しをメドベージェフ前大統領が代弁しているのだろう。 もともと二人は首相と大統領を法を逃れるために入れ替わったほど…

福ニャン日記 熊が出た。

2月5日 くもり 函館の大船町というところで山で伐採してるところに熊がでて作業してる人が襲われたという。今年は雪も多く寒いのに冬眠の穴からもう出てきたのだろうか。山道散歩をする自分としては要警戒だ。 政府は出産一時金の42万から50万に増額す…

将棋・囲碁の年俸。

藤井聡太棋士の賞金総額が22年度1億2千万円余と発表されて将棋界のトップにたったという。5冠とか6冠とか言われてこの金額である。藤井棋士の場合はテレビなどがあるからもっと年俸は多いのだろうが個人的には他のスポーツ?に比べて少ないように思うが…

中国のアドバルーン。

中国の気球が米国領内を通過していて物議を醸している。 米国では中南米でも別な気球が通過していると発表している。 米国は偵察用だといい中国は純粋に気象観測のための民間の気球が不可抗力で米国領内まではいってしまったと謝罪したが米国の国務長官と中…

クリミヤの外国資産を国有化。

クリミア半島はクリミア共和国というらしい。クリミアの最高会議議長はクリミアの外国の個人・企業の資産を国有化してロシアの特別軍事作戦に共すると発表した。 ロシアのよく使う手であるが確実にロシアの信頼は失われていくだろう。 相手の資産を略奪して…

福ニャン日記 さっぽろ雪まつり

2月4日 くもり 函館は積雪43センチという。うず高く積まれた雪が一向に減る気配がない。 さっぽろ雪まつりが今日から始まるという。コロナ禍が収まりつつある中で今年は盛り上がりそうだ。もう何年さっぽろ雪まつりを見てないのだろう。札幌までこの雪道…

状況はなにも変わっていない。ロシア侵攻。

IOCはパリ五輪についてロシア選手の参加問題について中立を担保に検討すると発表。 関係者の中で議論を巻き起こしている。 はっきりしていることはIOCを初め国際スポーツ関係者がロシアの大会参加を拒否した当時と状況はなんら変化していないし、ロシアが勝…

「建設的関係構築」日中外相。

日本の林外相と中国の秦外相が初めて電話会談をしたという。 日中関係を「建設的関係構築」することで一致したと報じられている。 非常に口当たりのいい言葉ですべてに喧嘩腰で終わらなかったことは良とすべきなのかもしれない。尖閣諸島問題や原発の廃液問…

「現代のナチズム」というが・・・。

ロシアは戦車供与にかなり神経を尖らせているようだ。ロシアは勝利するといいつつ戦車供与に激しく非難している。「ナチズム」というかっての古語がさかんに飛び出している。ドイツとナチズムをイコールにしてロシア国民には分かりやすいのだろう。 プーチン…

福ニャン日記 年金生活者

2月3日 くもり 今年は北海道の鉄道は雪で大変だ。お客さんも大変。大学の入試もある季節。受験生や家族は雪情報には神経を使うなあ。その点が年金生活者はまったく気にしなくていいからそれだけは気分的には楽でいい。だから自分は多少のことは文句は言わな…

三浦綾子『ちいろば先生物語』を読む。

三浦綾子作品。北海道の著名な作家なのだがほとんど読んだことがなかった。宗教色が強いイメージがあったから。この本は特に聖書の中の神の御用があれば何を置いても背中に乗せるという小さな力のないロバの話を座右の銘とした牧師さんの人生記。 『ちいろば…

「パリ五輪」はどうなる?

来年に控えたパリ五輪のロシア選手の参加についてどうなるのか。 パリの五輪組織委員会はIOCやIFの決定に従うと発表した。パリ五輪としてはこの問題の矢面に立つのは大変と判断したのだろう。 IOCはロシアとウクライナに対してや侵攻にたいして中立という立…

もうすぐ侵攻1年がくる。

ロシアのウクライナ侵攻以来1年になろうとしている。ロシアは侵攻1年を控えて確固たる優位を得ようと大攻勢をかける兆候があると伝えられる。 侵攻の理解できない正当性をいい。ウクライナの首都を攻撃し、核の脅しをかけ、それからウクライナ東部を攻撃し…

福ニャン日記 テーオーデパート閉店。

2月2日 くもり 気温が上がったけれど天候は荒れ気味。湿った雪が重なっていく。 それにしても今どきの話題は物価高・強盗・飲食店でのいたずら。どれも嫌なことばかりだ。物価高は平等に家計を圧迫する。特に自分たち年金生活者は額が決まっているから突き…

日ハム。キャンプスタート。

日本ハムのキャンプがスタートした。 新庄監督は初日から紅白戦でのスタートだ。選手が自主練習で身体を作ってくるのは当然でその成果を見たいということなのだろう。 今年もやっぱり確実に活躍しそうなのは松本選手だろう。紅白戦2安打で打球もするどい。…

自爆テロ被害者100人越え。

もっとも卑劣な自爆テロが起きたものだ。 パキスタンのモスクで起きた自爆テロは被害がどんどん拡大してついに100人余。 政府に不満を持つ人の犯行なのだろうが自爆テロがイスラム教のなかの聖戦とかの思想と同じなのだろう。日本人もかっては神風特攻隊…

反撃第2ラウンド。ウクライナ。

ロシア侵攻に対するウクライナの反撃の第2ラウンドが始まりそうだ。 米欧の戦車供与120台以上が始まるのだ。ロシアは供与前に攻撃を強めているがウクライナの反撃がどこまで通じるのか。ロシアが侵攻は間違いだと思ってくれて撤退に元の平穏に戻ってほし…

福ニャン日記 回転ずし店での悪行。

2月1日 くもり 回転ずしの大手の店で不快な事件が多発してそれがネット流されたことが話題になっている。若者は面白ければいい、自分が面白いから他人も面白がるだろう。他人の立場を思いやれない。バカの典型だが性善説も限界かなんていう哲学的話にまで…

元横綱白鵬関の断髪式。

元横綱白鵬関の断髪式の映像を見た。国技館いっぱいの人と有名人・関係者の方々がハサミをいれて盛大な断髪式だったようだ。 圧巻はこれから横綱になろうかという貴景勝関を太刀持ちに豊昇龍関を従えて白鵬最後の土俵入りだ。息子さんとの最後の取り組みや振…

「座して死を待つ」そうさせるのか。

度重なるロシアの攻撃でウクライナは全土で停電の危機にあるという。 発電所や送電線の復旧とロシアの攻撃とのいたちごっこになっているという。 12か国から戦車供与が決まったというが英国からは夏前という話もある。その他にしてもいつのことになるのか…

EUも大変だ。ロシア侵攻で。

世紀の実験ともいえるEUができて約20年。当初の欧州石炭・鉄鋼共同体の6か国から60年以上経つ。加盟国も27か国に増えて増えるとともにいろんな国がいろんなことをいうからまとめるのは大変だろう。英国の離脱が大きな山場だったのだろうがロシアのウ…

福ニャン日記 人気芸人の過去。

1月31日 くもり 今年の函館の冬は「ザ・冬」という感じだなあ。家も前の雪はうず高く積まれ近くの雪投げ場の雪もこれまでにないくらい高い。2月は冬本番だからもっと寒くそして雪も多いのかなあ。ユウウツ! 連続強盗・広域強盗事件として注目されてる事…

スポーツと戦争。

国際柔道連盟(IJF)の会長がロシア・ベルラーシの選手の復帰を支持すると発表。 ロシアのウクライナ侵攻が収束の兆しも見えないなかでバッハ会長の言を待つまでもなくスポーツ界は大会参加を認める方向で動いている感がある。 「スポーツは人々の結束・連帯…