コロナ感染警戒警報!!!!

東京で2800人を超える感染者数。大阪は750人を超える感染者数。

埼玉は450人を超える感染者数。神奈川で700人超・千葉で400人超。

コロナ感染者が急増している。みんなが感染対策はマスクをしたり一応対策をしている。2割程度でもワクチン接種は進んでる。にも拘わらず感染者は急増している。

人出が減らない。デルタ株という感染力の強さ。しかし専門家も行政も感染対策をしっかりして不要の外出はしない。緊急事態宣言発令。でもさっぱり効果がない。

専門家にすれば飛沫感染で空気感染ではないという。例え飛沫感染であっても感染力が強いのであれば人々に分かりやすく警戒させるためには「空気感染ぐらい」の注意が必要だというほうが分かりやすいのではないか。感染力がデルタ株は1.4倍とかいっても具体的に対策を示すならいいのだが・・・・・・。一般人には1.4倍の対策が見えない。

自らの胸にコロナ感染警戒警報を発令しよう!

 

福ニャン日記 やまゆり園  

7月27日 くもり

台風8号がオリンピックに水を差しそうで困ったもんだ。

神奈川県の津久井やまゆり園の事件から5年が過ぎた。事件後グループホームへの移行の話やいろいろなことが言われている。家族が施設との関わりを多くすることで規模は大きくても改善点はいろいろできるはずなのだが・・。家族が普通の生活ができるのは施設の職員さんの労によるところも多いのも確かである。共生社会という声をよく聞くけれど障害を持つ家族からみる現実は厳しい。難しい問題だなああ。

山道散歩。オリンピックを見たいのを我慢しても歩く。夏になって口笛が山の中によく響くようになった。青空と花々と鳥の声と口笛と・・・。

(収穫がいっぱい。特にキュウリは1本の苗からなのだがもう25本も採れた。)

f:id:yamachanmamechan:20210726185558j:plain

f:id:yamachanmamechan:20210726185619j:plain

 

驚愕。13歳の金メダル。

男子の堀米選手のスケートボ-ドストリートでの金メダルをみて凄いなあと思ったが女子スケボーストリートでも13歳の西矢選手が金メダルをとってさらに驚愕。

中山選手の銅を加えると日本人で3個のメダルを獲得したのだ。

かって岩崎恭子選手が14歳で平泳ぎで金メダルをとって「生きてきた中で一番・・・」の言葉とともに日本中の話題になったものだ。日本史上初の13歳の金メダルだ。

スケートボードは若者好みでファッションもあってきっと日本中で流行しそうだなあ。

冬のスノーボードが若者に流行してスキーに取って代わった感があるのと同じか。

若者のバランス感覚がすごいのには驚きだ。

スマホが時代を変えてるようにスケートボードも若者を変えそうだ。

 

コロナの経口治療薬に期待。

日本の大手製薬会社の塩野義製薬がコロナ経口治療薬の臨床治験をすると発表。

コロナに感染したら入院や自宅療養などがあるが1日1回服用の治療薬という。

早期の服用で体内のウイルスを低下させ、重症化の抑制や各種症状の改善ができる。

いまだコロナ感染の増加が止まらず昨日は5000人を超えた。

この1日1回の服用で症状が完全されるなら重症化した人だけを注意すればよくて

ウイズコロナが常態化できるだろう。薬があるという安心感ができるだろう。

ただこの薬が年内に販売されるかどうかは不明だ。1日も早く治験を開始して実用化を目指してほしいものだ。期待したい。

感動!感動!水谷・伊藤ペア。

卓球混合ダブルスで最強中国ペアを逆転で破って金メダル獲得!!!!!

1セット・2セットをみたらやっぱり中国ペアは強いと思ったのだが・・・・・。

3セット目で流れがきて伊藤美誠選手に笑顔が出だしたらもう止まらない。

日本ペアがどんどん強く見えてきた。

簡単ではなく一喜一憂が続く中でも頼もしい美誠選手の不敵な笑みがもしかしたら勝てるかもしれないに変わった。

ありがとう!ありがとう!おめでとう!おめでとう!

伊藤美誠選手の個人戦も期待してます!!!!!!

f:id:yamachanmamechan:20210726225323j:plain

f:id:yamachanmamechan:20210726225350j:plain

 

福ニャン日記 堀米雄斗選手

7月26日 晴れ

水泳女子メドレーリレー400mで大橋悠依選手が金メダルをとった。危なげない完勝だ。スケートボードの若者掘米選手も金メダル。若者好みの競技だけれど誰でもやってみようとは思えないような競技だが・・。日本の若者はやるなあ・。もてそうだなあ。

渡米してプロになって10億を稼ぐと公言する逞しさがすごい。

囲碁教室。強くなりたいのだがなかなかなれないなあ。歳とともに考える根気がなくなるような気がする。覚えようとしてもザルから水が漏れるように消えていく。

f:id:yamachanmamechan:20210725202338j:plain

 

緊迫・緊迫を制した水谷・伊藤組。

これまでの東京オリンピックの数ある競技のなかで一番印象に残った試合。

ドイツ選手との水谷選手・伊藤選手の卓球混合ダブルスの試合だ。

日本のエースの組み合わせで楽勝かと思って見ていたのだが・・・・。

1セット負けていて2対3.になってなんとか3対3になって最終セット。

0対7からやっと1対9なにしろ11点取られたら負け。

それをなんと逆転したのだからびっくり。相手が追い上げられて緊張したのだろう。

ああーー。さすがの卓球の日本の一人者でもだめだろうと思ったが・・・。

伊藤美誠選手もさすがに涙・涙・涙。いい試合であった。メダルに向けて頑張れ!