福ニャン日記 蕗採り。

5月13日 くもり

いつまで北海道のコロナ感染者数が最多になった。そんな悪いニュースばかり。

みんなちゃんと感染対策やってんのかよ。榎本武揚が北海道に共和国を造ろうとしたといわれてるが独自の感染対策で北海道だけはコロナと無関係といいたいなあ。

先日もいったけど鎖国だよ。北海道は鎖国しかないなあ。1週間でいい。

山道散歩を午前中に済ませて午後から蕗を採りに横津岳の裾野まで行った。一度くらい蕗を食べたいなと。貧乏人は蕗だよ。誰でも採れるし間違いようがないのだから。

f:id:yamachanmamechan:20210512200349j:plain

(蕗の側にはきれいな川が流れてた。)

f:id:yamachanmamechan:20210512200444j:plain

 

北村友一騎手!待ってるよ!

日曜日の阪神競馬場2Rで落馬負傷した北村友一騎手。

なんと背骨8本の骨折で1年以上復帰までにかかる見込みという。

34歳だが騎乗の上手な実力のある騎手で騎乗するときには馬券を買わないわけにはいかない騎手のひとりである。

手術は成功したときいてるので一日も早い復帰を期待したい。

復帰したらまずは馬券を買って祝福したいものだ。

待ってるよ!

高齢者に朗報。

高齢者のワクチン接種が8割以上の自治体で7月中に追われると回答したという。

7月中に接種をしようと政府が号令をかけていてもなかなかできないという自治体が多かったなかで工夫する自治体がでてきたのではないか。大変なことだと思うけれど頑張ってほしいと我々高齢者は感謝をこめて思う。

ある自治体は24時間体制で対応したいというところもあった。

東京・大阪の大規模接種にも注目している。自衛隊が実施といっていたけれど民間に丸投げで数十億というのもあれば随意契約で反対という意見もある。自分的にはコロナという災害には緊急事態なのだから多少の問題には目をつぶることだってやむなしと思う。7月中接種に向けて力を集中させることが次の対策にも集中することができてうまくいくのではないか。ただ当日の混雑緩和は大丈夫なのだろうか。高齢者は期待してるし希望も持ちたいと思うが・・・。

高齢者は孤独。

高齢者の質問で親友がいると答えた人は3割だという。

高齢になるに従ってこの割合はどんどん減っていくだろう。

自分は77歳だが自分が親友と思っていた人が3人はもういない。

こればかりはしょうがないのではないか。

高齢になるにしたがって友達を新たに作れるとは思えない。女性ならまだしも男性には特に厳しいだろう。

デイサービスの参加状況を聞いても男性の割合は極めて少ないと聞く。

孤独でいいのだ。家族の中だって孤独に感じることはしょっちゅうなのだから。

ひとりひとりが歳をとるごとに孤独への対処のしかたを覚えていくことだ。若者が共生して孤独を和らげる取り組みがあるというがそんなことは男性は期待してるだろうか。

福ニャン日記 日々過ぎていく

5月12日 くもり

コロナの騒音に関係なくオリンピック開催まで1日1日過ぎてゆく。

国民の命と外国人の命。感染爆発しても開催するのか。そんな際どい議論まで国会で行われている。政府の判断に信頼がおけないことが一番の理由だろう。ただ国会で議論するとオリンピックが政治問題化の匂がするのが嫌だなあ。

山道散歩。無料で自然を満喫できて函館山という景観をゆっくり味わえる幸せ。

コロナはいつ誰がどこで感染するか分からない見えないウイルスだ。一歩一歩進めると必ず目的地に着く。日々悔いのないように生きたいものだ。

f:id:yamachanmamechan:20210511171417j:plain

 

照ノ富士関は強い。

大相撲5月場所は3日が終わった。

照ノ富士関の強さと安定感が際立っている。やっぱり優勝候補の筆頭だろう。

貴景勝関も1敗したが勝つ時の強さは凄いからこれからどうなるか。

高安関や阿武咲関の強さが目立っている。

若隆景関は正代関と朝乃山関の2大関を倒して成長が著しい。今場所注目だ。

心配なのは炎鵬関だ。3連敗。小手投げをうたれて腕も危うい。残念だなあ。

毎日コロナ感染がでないかヒヤヒヤだ。今日からは観客も入る。どうなるかなあ。

河に遺体漂着の現実。

インドからコロナ感染の情報は凄惨を極めるニュースが多い。

ガンジス河では遺体が40体の漂着があったという。

火葬場がいっぱいで公園などで火葬する例が多いという。

コロナによる死者が1日4000人ともその何倍もというニュースもある。

インドではコロナ感染で死者にまで手が回らないという現実があるのではないか。

一方で米国はコロナワクチンを12歳以上に接種すると発表した。

この落差の現実はどうなのだろう。自国だけが救われても世界は救われないのではないか。WHOはどんな救済をおこなっているのだろう。日本からは酸素濃縮の機器が送られたというニュースがあったがあまりにも国毎の格差があってもどうなのだろう・・。