蕗の薹が脚光!

春先にあちこちで花を咲かせるフキノトウが脚光を浴びている。

岐阜大学大学院の研究グループがフキノトウの苦み成分ペタシンに高い抗がん効果があるという研究成果を発表したのだ。

これまでの抑制剤の1700倍の効果があったという。

転移阻害薬としてガン抑制・転移阻害薬として期待されてるという。

フキノトウという通常食材としても使われる植物から抽出されるために副作用の少ないガン阻害剤としても有望だという。

春先には山にいって採ってきて旬の物として一度は口にする植物だ。

フキノトウを食べたら少しはガン予防薬として効果はないのだろうか。

是非知りたいものだ。

f:id:yamachanmamechan:20210902161652j:plain