コロナ感染が止まらない。

ある程度の制限はあるものの娯楽も飲食も行動も自由になった。

途端に大都市を中心にしてコロナ感染が増加に転じた。

政府も県も人々もビビリだした。

旅行を後押しするキャンペーンにこぞって不安を口にしだした。

折角感染が収まりかけて政府が大胆に経済対策を打ちだそうとしたら

感染が増加に転じたのだ。タイミングが悪いのは確かだろう。

国民はやるべきコロナ対策を一定程度やってるように思う。米国のように

マスクもつけずに飲食や行楽にいったり、マスク着用自体に反対してる国柄

とは日本は違うはずだ。その意味では国民のひとりひとりは

対策を講じていると信じるならキャンペーンもOKだろう。

ただ問題は医療関係者に危機的といわれると最後の砦だけに再考せざるを

得ないのではないか。それには飲食や旅行などの関係者はしばらく泣かないと

いけないだろう。個人的には国民を信じて実験をしてみてもいいかと。

県内とか近隣の県でという意見はどうなのだろう。それなら延期か中止を。